花粉症③花粉症のお薬について

今回は花粉症のお薬についてご紹介します。

♢内服薬♢
花粉症の方に最も多く処方される治療薬です。
花粉症の症状を体の内側から抑えてくれるため、予防的に使用することも可能です。
主な作用として、花粉症が原因で起こる鼻炎、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状の緩和が挙げられます。
眠気などの副作用が出にくいお薬など、様々な種類の内服薬があります。

♢点鼻薬♢
直接鼻の中へ噴霧するお薬です。
即効性があり噴霧当日から効果を実感できる事が多く、効果発現が早いと言われています。

♢点眼薬♢
抗アレルギー作用のある点眼薬として抗ヒスタミン薬があり、目のかゆみに対する即効性があります。

※点鼻薬や点眼薬は、内服薬による眠気などの副作用の心配がなくお使いいただけます。

個人によって効き方が違ってくる為、当院では症状に合わせたお薬を処方致します。

2018/02/09

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

腫瘍(しこり)や黒子(ほくろ)などの切除を希望される方は月曜日~木曜日のDr藤田の診療日にご受診をお願い致します。
身体が痒くて息が苦しい、指を切り抗凝固剤を内服してるため血が止まらい、など緊急に受診が必要な方は当院にご連絡後ご受診下さい。

桜新町皮フ科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

*受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診