AGAについて😄✨

AGA(男性型脱毛症)とは‥

人の髪の毛は、「成長期」→「退行期」→「休止期」という3つの期間を繰り返します。これをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。成長期は2~6年間あり、その間に髪は太く長く成長します。
そして成長が終わり退行期に入り、休止期を迎えて髪の毛は抜け落ちます。髪が抜けた毛根は再び成長期に入り、新しい毛が太く長く成長をします。
AGAが発症すると、通常は2~6年の成長期が数ヶ月~1年程度と大幅に短くなります。その結果、AGAの人の髪の毛は十分な太さ・長さに成長する前に抜け落ちてしまいます。
生えている髪の毛は細く短い軟毛が多くなり、頭皮が透ける、ボリュームがなくなるといった状態になります。
AGA(男性型脱毛症)の発症は、男性ホルモンと深く関わっています。人間の体内にはテストステロンという男性ホルモンがありますが、このテストステロンは5αリダクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモンの受容体と結合すると、毛母細胞の成長が抑制されてしまいます。
5αリダクターゼには1型と2型があります。
1型5αリダクターゼは側頭部や、後頭部の皮脂腺に、2型5αリダクターゼは前立腺、前頭部、頭頂部の毛乳頭にあります。2型5αリダクターゼが毛乳頭にあることが、薄毛や抜け毛の原因であることがわかっています

◎プロペシア

プロペシアは萬有製薬株式会社(現MSD社)が開発した薬で、2005年に発売されています。
主成分はフィナステリドで、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する効果があります。
●DHT(ジヒドロテストステロン)の抑制
DHTは、強力な男性ホルモンの一種で、テストロンに5αリダクターゼが結びつくことで誕生します。
このDHTですが、発毛に関わる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合、髪の成長を阻害してしまいます。そのため、髪の成長期が短く、退行期に簡単に抜毛してしまうようになってしまうのです。
AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり、細くなった髪の毛にコシが生まれ、休止期にある毛穴から毛髪が成長するため、AGA改善の効果が期待できます。
ヘアサイクルを考えると、一般的に半年~1年ほどで効果を実感できます。

◎ザガーロ

2016年6月に発売された新しいAGA治療薬です。ザガーロに含まれるデュタステリドには、5αリダクターゼを阻害する作用を持っているため、ヘアサイクルをスムーズにする効果があります。男性ホルモン作用が原因の 男性型脱毛症(AGA)が改善されて成長期の期間を伸ばします。
また、1型と2型の両方を抑制することで効果を発揮します。したがって、ザガーロにはテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させず、ヘアサイクルを守る効果がある薬、と言えます。

ミノキシジル
ミノキシジルとは、リアップシリーズの発毛剤の主成分で、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。また、ヘアサイクルの変化により小さくなった毛包に働きかけ、大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。毛髪の成長をつかさどる毛包を大きく、深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。

2019/12/23

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間 月 火 水 木 金 土 日
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~19:00 診療 診療 診療 診療 診療    

*受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診