多汗症について②

治療法は

 

塩化アルミニウム

手のひら、足の裏に対しては単純外用/密封療法、腋窩については単純外用で有効です

 

イオントフォレーシス

汗の多い手のひら、足の裏を水道水の入った容器の中に浸し、10~20mAの直流電流を流す方法です

 

A型ボツリヌス毒素局注療法

腋窩、手のひら、足の裏に注射します

 

内視鏡的胸部神経遮断術(ETS)

手のひらの多汗症に対して全身麻酔の下で内視鏡を使って胸部の交感神経節を切り取ったり、焼き切ったりする方法です

 

内服療法

多汗症に対して抗コリン剤が使用されていますが、唯一保険適応があるのは臭化プロバンテリン(商品名:プロバンサイン)です

 

エクロックゲル

日本初の保険適用の原発性腋窩多汗症用外用薬です

1日1回の塗布で効果が期待できます

 

当院では塩化アルミニウム、A型ボツリヌス毒素局注療法、内服療法、エクロックゲルの治療を行っております。

薬のイラスト「塗り薬・チューブ」

2021/07/19

皮膚やアレルギーのお悩みに当院が全力でサポートいたします。

皮膚の病気は誰でも経験することですが、それだけに放置したり民間薬などですませたりして悪化してしまうことがよくあります。

「皮膚疾患で病院は大袈裟」「こんな症状くらいでかかったら迷惑なんじゃ・・・」と思っている方にも「通って良かった」と思っていただけるよう、私たちは気軽に相談できる街のお医者さんを目指します。

さくら皮膚科スキンケアクリニック。ご予約・お問い合わせは03-3530-3001まで。
診療時間
診療時間
10:00~13:00 診療 診療 診療 診療 診療 診療 診療
15:00~18:30 診療 診療 診療 診療 診療    

*受付は診療開始時刻の15分前より開始いたします。
(午前9:45~/午後14:45~)
※祝日休診